プロフィール

山田真哉(やまだしんや)
公認会計士・税理士・作家。
一般財団法人芸能文化会計財団理事長。
1976年生まれ。
1日15〜20時間・1年間の猛勉強で公認会計士試験に合格。
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』は、7カ月でミリオン達成。
その後、160万部を突破。
『女子大生会計士の事件簿』は、シリーズ累計100万部を達成。
著者累計350万部を突破。(2013年5月時点)
社外取締役や顧問として約40社の経営者に助言を行う。
出版以来9年ぶりとなる「さおだけ屋」のコミック版を12月発売予定。

著書

・『コミック版 さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』 ・『あいるさん、これは経費ですか? 東京芸能会計事務所』 ・『「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」』
2014.11.18  第1回 100%を目指さない余裕が、ミリオンを作る? 2014.12.10  第2回 本も会計事務所も、まだないものを世に送り出す 2015.01.07  第3回 次に狙うミリオンヒットは、「税金」の世界がテーマ?

本も会計事務所も、まだないものを世に送り出す

公認会計士・税理士・作家 山田真哉 Numzon運営 岩田恵実 Numzon運営 土生修平

もう一度、ミリオンセラーを超える作品を生み出すために

会計関係の本は、かたい印象を受ける本が多いのですが、
山田さんが書かれた『さおだけ屋』も、他のご本も、
会計の知識がゼロでもとっつきやすいですね。
そのめずらしさが大ヒットの理由でしょうか?

バリバリのビジネスパーソン向けに書く人は
いっぱいいますからね。

だれも書いていないものを書くのが、
著者の仕事だと、ぼくは思っています。
会計の分野でやわらかい書き方をする人は、
まだあまりいません。

そういうやわらかいものを書くのが、
出版界でのぼくの立ち位置だと思っています。

そうやって穴場を探していくのも
大切なんじゃないかなと思います。

穴場・・・ですか?

『さおだけ屋』が世に出た時は、
(会計の本でやわらかい書き方をすることが) 盲点だったから
スパッとうまくいったんじゃないかと。

その穴場、盲点を探すのって難しそう。
もう一度、ミリオン狙えそうですか?

そうですね。
みんなそうだと思いますが、
ミリオンヒットがあった後の5年くらいは、
もう1度打ちたいと思いますよね。

ただ、タイミングの良さが重要なので・・・
だったら、1回ミリオンヒットが出た業界より、
別の業界での方が、
可能性は高いんじゃないかなと最近思いますね。

別の業界ですか?

はい。
だけど、今すぐ別の業界でもう一度ミリオン、
というのは難しいと思います。
だから今は別業界、
『さおだけ屋』の頃の会計士業ではなく、
似て非なる税理士業での仕事を頑張っています。

会計事務所を芸能界に特化させたわけ

税理士業での仕事・・・具体的には?

芸能界のみを専門的に扱う会計事務所です。

へぇ~。

今から大手事務所になることは出来ないけれど、
業界内で一目置かれるような事務所を
作れないかなと思ったんです。

大ヒットではないかもしれませんが、
税理士業でも独自の勢力・成果を
打ち立てたいと思っています。

わぁ、そうなんですね!
芸能界に特化した事務所ということですが、
会計事務所がある分野に特化することがあるんですね。

ありますよ。
医療系や飲食系など特化型の事務所が出てきている中で、
芸能界というのは、
扱っている事務所はあるけれども、
特化して、専門としている事務所はなかなかないですね。

ぼくの事務所も、芸能界に特化した事務所として、
ようやく認知度が上がってきました。
最近だと「あ、芸能人専門でやってる税理士ですよね?」と
言われたりします。

へぇ~、芸能界に特化した事務所って、
なんだかおもしろい!

それと本でミリオンヒットを狙っているというのは、
若干つながっています。

えっ!
それはどういうことですか?

会計について本を書く時に、
会計業界の話や縁のない業界の話より、
芸能界の話の方が興味は湧きやすいですよね。

だから次の本の狙いはさおだけ屋ではなく、
芸能界を例に話をしたいですね。

本当、確かに、つながっていますね。

ちなみに、芸能界ならではの
お金の出入りの仕方っていうのはあるんですか?

それはありますね。
例えばですが、一晩で100万円使う人はいますね。

一晩で・・・!!
ほ、ほかには、どうでしょうか???

ハングリー精神が強い人や、
もともと貧しくて、芸能界で勝ち上がった人だと、
貯金が何億円もある、ということもありますね。

それはすごい・・・。

一見飾らない人でも、衣装にすごくこだわっていて、
1000~2000万かける、ということもある。

へぇ~!
そんな芸能界を例にして、会計を学べる本があったら、
やっぱり読んでみたいです!!

(笑)

まだ世にないものを生み出す連立方程式

いまの税理士事務所は、
次の本のミリオンヒットのために作った
という面もあります。
世の中、将来をある程度計算することは
誰にでもできますよね。
ただ、連立方程式を作るのは難しい。

連立方程式・・・?

ぼくの場合、執筆業と会計事務所の連立方程式ですね。
xとyの両方を満たす回答を作るっていうのは難しいんです。
リスクを2つも取らないといけませんからね。
よく、妙手っていう言い方をするんですが、
xとyの両方が上手くゆくような式、
連立方程式を作れればかなり面白いことができる。

確かにそうですね・・・。

僕の場合は、その答えが芸能会計事務所だったんです。
芸能会計事務所だったら、執筆の話題としても、
芸能という切り口もあるし、会計という切り口もあります。

なるほど、確かに!
連立方程式を立てるのって重要。
そして、xとyに何を入れるか、難しいですね・・・。

山田さんは本業の会計事務所と、執筆活動、
そのような割合でこなされているんですか?

そうですね。
会計事務所6割、執筆が1割、
のこりの3割は、どっちも、ですね。
時期に応じて割合が決まる感じです。

6:3:1の割合で会計事務所と執筆をなさり、
そのどちらの分野でも穴場を見つけて、成果を出す。
さらに、本業の会計事務所を
誰もが興味をもつ芸能界に特化させて、
執筆にも結びつける。
そんな山田さんならではの連立方程式が、
まだないものを世に送り出す秘訣かもしれませんね。

そうであったらいいですね(笑)

山田さんのこれからの作品がもっと楽しみになりました!

少し話は変わりますが、
山田さんといえば、アニメやゲーム、
いわゆる「萌え」の世界にも精通されていますよね。
その方面についても、お話を伺えませんか?

はい(笑)

2014.11.18  第1回 100%を目指さない余裕が、ミリオンを作る? 2014.12.10  第2回 本も会計事務所も、まだないものを世に送り出す 2015.01.07  第3回 次に狙うミリオンヒットは、「税金」の世界がテーマ?
ホーム
ページTOPへ戻る