プロフィール

山田真哉(やまだしんや)
公認会計士・税理士・作家。
一般財団法人芸能文化会計財団理事長。
1976年生まれ。
1日15〜20時間・1年間の猛勉強で公認会計士試験に合格。
『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』は、7カ月でミリオン達成。
その後、160万部を突破。
『女子大生会計士の事件簿』は、シリーズ累計100万部を達成。
著者累計350万部を突破。(2013年5月時点)
社外取締役や顧問として約40社の経営者に助言を行う。
出版以来9年ぶりとなる「さおだけ屋」のコミック版を12月発売予定。

著書

・『コミック版 さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』 ・『あいるさん、これは経費ですか? 東京芸能会計事務所』 ・『「手取り10万円台の俺でも安心するマネー話を4つください。」』
2014.11.18  第1回 100%を目指さない余裕が、ミリオンを作る? 2014.12.10  第2回 本も会計事務所も、まだないものを世に送り出す 2015.01.07  第3回 次に狙うミリオンヒットは、「税金」の世界がテーマ?

100%を目指さない余裕が、ミリオンを作る?

公認会計士・税理士・作家 山田真哉 Numzon運営 岩田恵実 Numzon運営 土生修平

ミリオンヒットは、たまたま?

はじめまして、     
数字のまとめサイト『Numzon』の運営をしている岩田です。
きょうは、よろしくおねがいします。

どうも、はじめまして。 
よろしくお願いします。                  

きょうは、公認会計士・税理士・作家として
マルチにご活躍されている山田先生の仕事の秘密について、
いろいろお話を聞けたらうれしいです。

はい。                      

近く、コミック版の『さおだけ屋』を発売されるそうですね?

はい。                

あの大ヒットから約10年がたちますが、
当時はすごい熱気でしたね。

はい(笑)              

『さおだけ屋』は160万部という
空前の大ヒット作となりました。
当時、社会的にも反響がとても大きかったことを
いまでもはっきりと覚えています。
『さおだけ屋』の前と後で、心境の変化はありました?

うーん、心境は・・・
あまり変わりませんね。              

はい・・・。           

コンテンツを作る側の考え方は、人それぞれですが、
この世にまだでていないものを作るのが、著者の仕事。
売れるかどうかは、出版社の仕事だから、
売れたという結果は、出版社のおかげ、
だと思っています。
だから売れたからといって、著者の心境は
変わらないのではないでしょうか。
「今回は当たって良かったな」と思うぐらいで。

ご自身ではミリオン達成の理由を
どのように考えていますか?          

そうですね。
3Tということばをきいたことはありますか?

いえ、はじめてです。          

本の出版がうまくいくかどうかは、
テーマ、タイトル、タイミング次第と言われています。
その頭文字をとったのが、3Tです。

そうなんですね。
その3つがそろってはじめて、
ミリオンへの環境が整うというわけですね。

ええ、でも問題があります。
テーマとタイトルは2つとも著者がコントロールできますが、
タイミングはなかなかコントロールできませんよね。

はい・・・。             

『さおだけ屋』を出版した当時は、
ライブドア騒動があって、やれ株の買い占めだ、
ホワイトナイトだ、とお金や経済にまつわる話が
お茶の間でも話題となりました。
それが非常に大きかったのかなと思っています。

タイミングをうまくつかめたということですか?

はい。でも、それはある種の運ですよね?
ホリエモンが当時ニッポン放送を買収しにかかるかどうかなんて
だれにもわからなかったわけですし・・・。

でも、『さおだけ屋』のミリオン達成が
タイミングよかっただけなんて、
とてもそうは思えません(笑)        

(笑)                   

書きつづけるための、体調管理術。

あの、今回あらためて山田さんの著作リストを拝見して、
ほんとうにたくさん書いてこられたのだと
ちょっと驚いてしまいました。
アマゾンの山田さんのページに掲載のあるものだけで、
45冊もあります!

単行本が文庫化されたりマンガ化されたり、
というのもあるので、実際に大変だったのはその半分くらいですよ。
作家デビューして13年目ですから、22.5冊÷13年=1.7
1年あたり1.7冊だとするとそんなに大変じゃないかも。
ただ、まだ書けていないバックオーダーは、10冊ほどあります。
自分の書きたいものと依頼されたものが、半分ずつぐらい。

依頼されて書く本もあるのですね!
たくさんの本をこれだけのスピード感を持って書くには
なにか秘訣があるのでしょうか?

とりあえず、こつこつと書き続けることでしょうか。

はい。こつことつと、ですか?      

すこしずつでも、書き続けることが、
ぼくにとっては重要なんです。
だからこの10年間は、休日はないです。  

すごいハードワーク!           

休日はないけれど、休憩はありますよ。
一日中仕事をしている日は、そんなにないです。
そうですね・・・
朝起きてから夜寝るまで仕事をしている日は、
あっても月に2、3日です。

それでもすごいです。           

だから、そう、
体調管理には人一倍気をつけています。
ぼくは、風邪はほとんどひきません。
4年に1回引くかどうか。
だから、うちの事務所でも、
ぼくが一番病気になっていないですね。   

そうなんですか!
なにか生活上の工夫などはされていますか?     

体調管理といっても、
よく寝ているだけなんですよ。
毎日6時間ぐらい。わりと規則正しいです。     

あれ、たまに山田さんからメールをもらうと、
午前2時とかが多かったような?
夜もお仕事されているのかなと。          

夜2時に寝て、朝8時に起きるようにしているので、
たぶん、寝る前にメールしたんじゃないかな。 

(笑)

作家さんというと
不規則、不健康なイメージしかありませんでしたが、
とても意外です。

ええ。                   

同じことを30年40年と続けられるかどうかも
大事ですからね。                   

どういうことですか?                

最近ではモーニング娘が典型例だと思いますが、
大ブレークのあと、よいときもそうでないときも
ずっと地道に活動を続けてきたことで
いま再ブレークしているわけです。           

ああ、そうですね。                 

糸井重里さんが、
仕事について「10年、毎日続けたら一人前」
と表現されていたと思いますが、
続けることは何より大切です。
仕事の積み重ねのあるから続けられるのではなく、
続けるからこそ仕事の積み重ねができてくる。
その結果、会社も続く。
たとえば、演劇の世界でいうと、宝塚歌劇団や劇団四季。

はい。                     

ちょっと話が脇道にそれましたが、
続けてゆくためにも、きちんと体調管理をしています。

生命保険の営業マンからきいたんですが、
経営者のかたは、みな免疫が強く
病気になりにくいんだそうです。
10万人に一人の割合でなになにの病気にかかる、
というようなデータを調べてみたら、
極端にすくないのだそうです。

へぇー!。                  

だからぽっくり逝っちゃったりするんですかね(笑)。

(笑)                   

完封勝ちは、目指さない

でも、なにか作るひとは
それこそ息を詰めて取り組むこともおおい気がします。
じぶんも他人も、
100%満足できるアウトプットをだすには、
ときには徹夜のようなことも必要だったりしませんか?

そうそう、規則正しい日々のなかでも
勝負論のようなものはあるのでは?
つまり、100%の勝ちを目指すということですが。

ぼくの場合、以前は違ったかもしれませんが、
常に100点満点を目指すより、
いまは8割がたうまくいけばいいと思っています。

はい。                

誤解を恐れずに言えば
講演会にしても、執筆にしても、そうかもしれない。
税務調査の際、税理士にとっては
税務署・国税局が勝負の相手になるのですが、
その場合、勝ちに行くということは
1円も指摘されない」ということになります。
でも、ぼくは「10万円未満」なら負けてもいいじゃないかと
思っています。

そうなんですか。           

5万10万は負けてもいいから、
100万は負けちゃダメ。        

そうなんですね。             

1円でも負けちゃダメという考えも
もちろんありですが、
それだとどうしても無駄な労力や余計なコストがかかるので。

たしか、武田信玄だったと思いますが
5分の勝ちをもって上となす」という
名言がありますね。             

いい言葉ですね。
同じようなことは、いわゆる「勝負師」の本に
よく書かれていますよね。
完璧を目指すぐらいなら、他に力を注いだほうがいい。
プロ野球でいうと一年間に144試合ありますが、
そのうち80勝くらい勝てばいいという考え方もありますよね。

はい。                      

王監督もはじめは全試合勝つことを目指していたけど、
捨て試合というものも見据えるようになった結果、
ホークス黄金時代の創成期を作り上げました。
「捨て試合が必要」なんだと、
とてもビジネスの参考にもなりました。

なるほど。                

たとえば、会計のはなしをすると
マージンミックスという時代になってきました。

マージンミックス・・・ってなんですか?

むかしは、商品が10種類あったら
10種類すべてに利益を乗せるべきだと思われていました。
しかし、いまの時代は、
この商品は利益ゼロだが、これは利益が大きい、
といったことがよくあります。
複数個の利幅が異なる商品を組み合わせるのが、
マージンミックスというものです。
つまり、利益がゼロの商品、それが捨て試合ということです。

そういうことですね。             

会社などで部下をもつようになると
100点120点を求めたくなることがあります。
でも、それを意識しつづけるとストレス溜まる。
ストレスが溜まるのがいやだから、
じぶんも含め80点(笑)

なるほど!(笑)             

アップル創業者のスティーブ・ジョブズは
プロダクトについてはもちろん、
部下にもとても厳しかったようですが・・・

うーん・・・               
ぼくは会社を長くつづけたいし
社員もぼくもストレスは溜めたくない。
だからその道は選ばない。
何か新しいものを作るときにも
こころの余裕が必要だと思っています。

こころの余裕ですか?          

はい。大事です。            

あの、さいしょの話に戻ってもよいでしょうか?
ミリオン達成の条件ですが・・・

はい、どうぞ。               

2014.11.18  第1回 100%を目指さない余裕が、ミリオンを作る? 2014.12.10  第2回 本も会計事務所も、まだないものを世に送り出す 2015.01.07  第3回 次に狙うミリオンヒットは、「税金」の世界がテーマ?
ホーム
ページTOPへ戻る