プロフィール

都内某所にあるモバイル・IT専門のブティックコンサル経営。
3D CADのプログラマーとしてIT業界に入ってから
20年以上のキャリアを持つ、練馬在住38歳。
趣味は世界に100万種はいるといわれる昆虫の観察・採集と
歴史ゲームに登場する数千人の武将データの吟味・熟読。

著書など

・『Numzon』
2014.11.18  第1回 大手コンサルもブティックも、苦しいのは同じ。 2014.12.10  第2回 インテンシブな勉強だけが、コンサルタントをつくる。 2014.01.07  第3回 コンサルタントのキャリアとお金にまつわる誤解?

インテンシブな勉強が、コンサルタントを作る。

Numzon運営 土生修平 Numzon運営 サリー

何かの専門家ではないから、とにかく勉強する。

話は変わりますが、
コンサルタントは何かの専門家というわけでは
ありませんよね?

はい。
クライアントや案件ごとに
必要な知識やフレームワークは違いますね。

すると、コンサルタントは
新しいクライアント、新しい案件につくたびに
全く新しい分野の勉強をするわけですよね?

そうですね。

勉強、大変ではないですか?(笑)

そうですね。(笑)
ある有名コンサルタントは
3ヶ月に1個ぐらいのマスター(修士号を
とるぐらい」の気持ちが求められると
例えられていました。

そんなに!

これは本当です。(笑)
ゆるいマスターであれば
「3ヶ月で2個」はとれるぐらいの勉強は、必要です。

すごい!

コンサルタントによって180度異なる、
情報収集へのアプローチ

元マッキンゼーのコンサルタントで
ミクシィの社長も経験された朝倉祐介さんは
コンサルタント時代から現在に至るまで
業務に関する書籍を
「毎月20~30冊、Amazonでまとめ買い」して
勉強されているそうです。

年間の購入数は300冊にもなりますね。
H社長はいかがですか?

さすがに朝倉祐介さんのように300冊はいきませんが、
本だけは惜しげも無く散財しているような気がします。
この間も1冊2万円ぐらいする白書系の書籍を
出先でもいつでも参照したいからと
カッターでバラしたところです。(笑) 。

えっ!
ところで、コンサルタントのみなさんは
新聞や雑誌、ネットなど普段の情報収集は
どうされているのでしょうか?

人によりけりかもしれません。
大前研一さんはいまでもRSSリーダーを使って
1週間で3500本の記事を読んでいるそうです。
1日あたりで500本の計算です。
一方で、マッキンゼーの菅原章さんのように
「とあるスポーツ新聞一紙」しか読まない
というコンサルタントもいます。
BCGのシニアパートナー津坂美樹さんは
「毎朝、新聞4紙」に目を通して
国内外の情報を得ているそうですが、
このスタイルが典型的なパターンのような気がします。

H社長はいかがですか?

日経一紙も毎日は読む余裕がありません。(笑)

毎日お忙しいのですね。

菅原章さんのように
「あえて」ではなく
「忙しさにかまけて」ではありますが。

はい。(笑)

若手のうちは睡眠時間3時間でも
限りあるフリータイムにビジネス本を読むなどして
自己啓発ができる人間でないとやっていけない、
と有名コンサルタントの話に聞いたことがあります。

そんなにたくさん勉強されて
すべて覚えていられますか?

さすがにすべては無理だと思います。(笑)
私個人の話で恐縮ですが、
大げさではなく家族や子どもとの大切な記憶も薄れるほどの
勉強が求められました。
人の記憶容量には限界があって、
頭が「ディスクフル」の状態からさらに勉強すると、
まず確実に同じ分量の記憶が押し出されてしまうようです。

MBAは持ってて当たり前の世界

はい・・・
それぐらい猛烈に取り組めば、
資格の勉強なども捗りそうですね。(笑)
コンサルタントの方は
資格をたくさん取られたりはしますか?

資格については良いデータがありませんが、
MBAはコンサルタントにとって
代表的な持つべきものの一つとされていました。
でも、いまはそうでもなくなってきていますね。

そうなんですか?

BCGにはさまざまなスタッフがいるそうですが、
社員のMBA保有率は50%未満だそうです。

それでも多い!
MBAは経営だから・・・
文系出身の方がおおいのでしょうか?

はい、そうですね。
これはBCGの場合ですが、
文系出身7割に対して、理系3割だそうです。

なるほど。

机上の空論や知識の切り売りだけでは、
決してたどり着けない世界

しかし、コンサルタントの勉強は、
「勉強が済んだら終わり」ではないのです。

勉強して知識を身に付けるだけでは
不十分ということですか?

その通りです。
むしろ勉強後に何をどう考えるかが
重要なのです。
大前研一さんはこのことを
1時間読書をしたならば、3時間考えよう」
と勉強時間の3倍を思考のための時間に
あてることをすすめています。

わたしの場合
1冊の本を読み終えるのに
たいてい3時間ぐらいはかかるので・・・
ほぼ1日かけて考えないと。(笑)

考えること。それが重要です。
大前研一さんはまたこんなことも言っています。
「人の2倍考える人間は10倍の収入を得ることができる」
「3倍考える人間は、100倍稼ぐことができる」
「10倍考える人間は、時価総額1兆円企業の創業者になれる」
これが新しい時代の法則なんだそうです。

法則ですか。(笑)

はい。
考えることが仕事のようなものです。
コンサルタントについて
机上の空論だとか知識の切り売りを商売にしている、
と揶揄する人がいますが、
知識の切り売りだけで
コンサルタントを何十年も
続けられると思いますか?
続けられるわけがありません。
これは堀紘一さんの持論のコピーですが。(笑)

そうですね。

もっというと、知識だけで
世界中に100カ所近くの事務所を持ち、
1万人の従業員を抱え、
毎年1000億円以上の売り上げを
維持し続けることはできませんよね。
数字はトップファームのイメージですが。

なるほど。

また、考えるという話からはズレますが、
大前研一さんは
「人間、死んだらいくらでも休める」と前置きした上で
「今勉強しなくてどうする。」
と知的な意味での「怠惰」を戒めています。

コンサルタントの勉強については
ほんとうにすごい話ばかりで、驚きの連続でした。
もう人間でなくて並外れた学習能力を持つ
何かの「種族」といった趣ですね。(笑)

(笑)

ところで、つぎは
ちょっと話しにくいかもしれませんが、
コンサルタントとお金についてお話をきけますか?

お金は個人的に
最も得意分野ではないのですが、
どうしてもということであれば、
どうぞ。(笑)

>>つづきます

2014.11.18  第1回 大手コンサルもブティックも、苦しいのは同じ。 2014.12.10  第2回 インテンシブな勉強だけが、コンサルタントをつくる。 2014.01.07  第3回 コンサルタントのキャリアとお金にまつわる誤解?
ホーム
ページTOPへ戻る