プロフィール

株式会社bitFlyer 取締役CTO 小宮山峰史

1971年生まれ。早稲田理工学部卒業後大学、1995年株式会社コナミ入社。
ソニー・コンピュータエンタテインメントを経てゴールドマン・サックス証券に入社し、
決済システムを構築する。
タイムインターメディアCTO就任後、数十の業務システムの設計を手がける。
金融、クラウド技術、暗号技術、ミッションクリティカルなシステムを得意としている。
ビットコインの将来性に惹かれ2014年1月株式会社bitFlyerを共同設立。
ビットコイン総合プラットフォーム「bitFlyer」開発の根幹を担う。
好きな言語は数学、Haskell。得意な言語はC#、母国語Perl。

2016.05.16 第1回 ビットコインの躍進を生んだ一つのアイデアと無数の開発者の行動力 2016.05.16 第2回 ビットコインのオープンソースソフトウェアは機能がプアー?? 2016.05.23 第3回 ビットコイン、本当に理解してますか?誰が仕様を決めている? 2016.05.23 第4回 進化を続けるビットコインのセキュリティとスケーラビリティ。 2016.05.23 最終回 ソフトウェアも通貨もプログラマーが主役。

ビットコインのオープンソースソフトウェアは機能がプアー??

bitFlyer取締役CTO 小宮山峰史 ブティックコンサル H社長 Numzon運営 岩野 Numzon運営 千秋

第2回 ビットコインのオープンソースソフトウェアは
機能がプアー??

ところで、取材にあたって
海外のビットコインの消費者動向などを
調べてみたのですが
日本は出遅れているように感じます。

まあ、そうですね。

翻訳のタイムラグもあります。

ITの世界では日本が勝つことはなかなかない。

必ず1年2年遅れみたいになると思うのですが。

ただ2013年まではビットコインの世界最大手は
渋谷にあった某社でした。
※ 某社は不正事件により破綻。

某社ではソフトウェアはなにを
つかっていたのでしょうか?

たぶんbitcoind・・・

bitcoindをフォークして・・・?

フォークというよりも
そのまま使う感じだったんじゃないかな。

はい。

さっきも言ったように
bitcoindだけではプアーすぎるので
その上に何か作らないといけないし、
取引所の機能をもっていないので
それも作らないといけない。

そういうことですね。

あえていうなら
bitcoind 単体だとSendmailのような感じ。
(編注:SendmailはUNIXの古くからある
メールサーバソフトウェア)
でも、いまどきSendmailをそのまま使わないですよね?

まだ一部では現役です。(笑)

Sendmailを使うならラップした
ソフトか何かが必ずある。
あるいは代わりにGmailを使ったり。
いまSendmailを立ち上げて
会社のメールシステムを構築しますなんてことは
もうやってない・・・、と思う。

はい。

bitcoindは最低限の機能は、あります。
でも、それ以外何もない。

ちなみにbitcoindの動作を決める
設定ファイルのようなものはあるんですか?

bitcoind.confというファイルがあります。

パラメータは何個ぐらい
あるんですか?

100個もないぐらいかな。

結構複雑だと思うのですが、
動作確認、つまりテストは
どうされているのですか?

まあ、bitcoindがあるので
まずは自分たちの作ったものを動かしてみて
同じ結果になるか(を確認する)ですね。

テストに関してもbitcoindが
重要になってくるのですね。
ビットコインのテストといえば
実際に運用されているシステムといいますか
ネットワーク全体に対して
ストレステストをかけてくるような
プレイヤーさんがいるそうですが・・・

そうそう、ハッキングみたいな感じになってる。(笑)

ハッキングなんですかあれは!

まあ(笑)

リアルな取引には影響はないんですか?

うん、あの、実際に
ビットコインのネットワーク全体が
遅くなります。

はい・・・

1ブロックは10分に1個
1個は1MB
そう決まってるんです。
すると、1MBって多くても
20003000トランザクションしか
さばけないので、ここに1万トランザクションの
要求が来たら、絶対にあぶれてしまう。

はい!

このあぶれた8000個は
どんどんたまっていくので
継続的に1万件の要求が来るようになったら
パンクしてしまうんです。
けれども、ストレステストの場合のように
例えば1日だけ1万件流すだけであれば
徐々に処理が進むことによって
最終的にあぶれてしまうことはなくなり
大丈夫、ということになるのです。

大丈夫、と。
でも、1日の処理量を超えると
トランザクションの承認に
長時間を要するようになる。

理論上はMaxで1ブロック、つまり10分で10000件かな。
トランザクションのサイズを限界まで小さくしたらこれくらい。
現実には2000-4000くらいだね。
1日で20-30万ってとこかな。
逆にトランザクション1つのサイズを
サイズアップしようと思えば
10KBとかにもできちゃうから。

そんなに!

仕様上は何キロでもできます。
999Kのトランザクションも、作れます。
実際にははじかれると思うけど、
それだと1ブロックあたり
1件のトランザクションしか
格納できないでしょ?
なので秒間どれだけさばけるかっていうのは結構幅がある。

なるほど!だんだんわかってきました。

>>つづきます

2016.05.16 第1回 ビットコインの躍進を生んだ一つのアイデアと無数の開発者の行動力 2016.05.16 第2回 ビットコインのオープンソースソフトウェアは機能がプアー?? 2016.05.23 第3回 ビットコイン、本当に理解してますか?誰が仕様を決めている? 2016.05.23 第4回 進化を続けるビットコインのセキュリティとスケーラビリティ。 2016.05.23 最終回 ソフトウェアも通貨もプログラマーが主役。
ホーム
ページTOPへ戻る