プロフィール

株式会社bitFlyer 取締役CTO 小宮山峰史

1971年生まれ。早稲田理工学部卒業後大学、1995年株式会社コナミ入社。
ソニー・コンピュータエンタテインメントを経てゴールドマン・サックス証券に入社し、
決済システムを構築する。
タイムインターメディアCTO就任後、数十の業務システムの設計を手がける。
金融、クラウド技術、暗号技術、ミッションクリティカルなシステムを得意としている。
ビットコインの将来性に惹かれ2014年1月株式会社bitFlyerを共同設立。
ビットコイン総合プラットフォーム「bitFlyer」開発の根幹を担う。
好きな言語は数学、Haskell。得意な言語はC#、母国語Perl。

2016.05.16 第1回 ビットコインの躍進を生んだ一つのアイデアと無数の開発者の行動力 2016.05.16 第2回 ビットコインのオープンソースソフトウェアは機能がプアー?? 2016.05.23 第3回 ビットコイン、本当に理解してますか?誰が仕様を決めている? 2016.05.23 第4回 進化を続けるビットコインのセキュリティとスケーラビリティ。 2016.05.23 最終回 ソフトウェアも通貨もプログラマーが主役。

ビットコイン、本当に理解してますか?誰が仕様を決めている?。

bitFlyer取締役CTO 小宮山峰史 ブティックコンサル H社長 Numzon運営 岩野 Numzon運営 千秋

第3回 ビットコイン、本当に理解してますか?
誰が仕様を決めている?

実は、このあいだbitFlyerさんで口座をつくって
とりあえず1万円入金してみたんです。

そうなんだ。お客様になっていただいたのね。(笑)

(笑)
で、夜の街で「ビットコイン払い」で
ワインでもと思って、
ウォレット機能付きの口座に送金したんですが、
そのとき1時間強かかったんですよね。

まず、10分はかかります。
つまり10分に1回しか
トランザクション処理されないので。
そのうえそのトランザクションが処理してもらえるかどうかは
ネットワークの込み具合に依存しているので1日たっても処理されない
っていうこともあります
で何とか処理されたたとして
それを1コン(コンファメーション)と呼びます。
そのあと10分ごとにブロックは作られ続けるので
一度ブロックに入ってしまえば1時間たてば6コンになります
一般には6コンにならないと信用するなと言われています。

そのときは3コンだったかな。

3コンだったらまあ30分はかかる。
でも、1コンさえ取れれば、
10分ごとに1コンずつ増えるというのは変わらない。
最初に1コン入るまでが重要で、
プールのサイズと処理待ちのキューが
どれだけあるかによって、
そのスピードが違ってくる。
混雑しているときは
当然簡単には入らないです。

そのあたり、
もうちょっと知りたいのですが?

H社長の3コンというのは、
ぽんぽんぽんと3個積み重なったという意味で
ゼロから1までの間には
果てしない壁がある。
まず、ゼロというのは
どこにも入っていない。
ぽんと投げただけでプールにたまっただけ。
プールから、数千個ずつしか
ブロックに入っていかなくて、
どの数千個を入れるかは
マイナーの人たちが勝手に選ぶ。

なるほど。

ビットコインには手数料という概念があるので、
高い手数料をはらうと選ばれやすくなります
つまり、
自分のトランザクション処理にかかる時間を
短縮できます。

でも、手数料って決められましたっけ?

bitFlyerの口座から送金するときは、
追加手数料を選べるので、
それを多めに設定すれば
より入りやすくなります。

バーのように、すぐに決済したい場合は
困りますが・・・

バーとかの場合は、たいてい、
ゼロコンでOKにする。
ゼロコンでもいずれブロックに
入るわけです。
嘘をついていなければですが。
ダブルスペンドという詐欺みたいなことを行うことができるので
それをされると
ゼロコンのままいつまでたっても入らない。

でも、バー以外にも
いろんなお店でビットコインが
使われるようになると
1日30万件では足りなくなりますね?

足りませんね。
まあ、ビットコインをそのまま「生で」
使うっていうのはいろいろ無理がありますよ。

VISAの決済は、一説には
秒間56000件以上
だそうですが。

そう、むちゃくちゃ大きな数字になります。
だから、ビットコインを使って
VISAをリプレースするとか、
そもそもできるわけがない。
そういうことをいう人もいますが、
そのまま使うという意味で言ってるのではないと思います
もしそうならわかってないのではないかな。

ビットコインに関連して
サイドチェーンという概念があります。
ビットコインは中央にあっていいとして
それと交換可能な・・・

交換可能といいましたが、
ビットコインから「行って、戻る」ですね。
これは2-Way PEG(ツーウェイペグ)と
呼ばれるものです。
1-Way PEGは、ビットコインから
外部に飛んでいくだけ。

そのサイドチェーンをつかうと
VISAのボリュームに
対応できるようになるのでしょうか?

そもそも1-Way PEGだとボリューム対策になりません
行ったきりですから
そしてビットコイン自体を改変しないかぎり2-Way PEGはできません
まあ1-Way PEGで行った先の技術がすごければ
大ボリュームにも対応できるとは思いますが
それはサイドチェーンのおかげではないですよね

話は変わりますが、
そういった定義づけのようなものとか、
標準化を行っていくための
組織や団体はないのでしょうか?
例えば、インターネットにおける
RFCと呼ばれる標準仕様を作っている
IETFのような?

まあビットコインの場合は開発コミュニティがあるけど
P2Pなので開発コミュニティがソフトを作っても
使ってくれなければ意味ないからね

たとえば、ビットコインの世界の
BIP(Bitcoin Improvement Proposals)は、
(現在145番まである下のリストを示しつつ)
どのような位置づけなのでしょうか?

BIPね。
いまは100何番ぐらいまで
仕様案がでている。

BIPはどういった権限やプロセスのもとに
決められていくのでしょうか?

あれはフォーラムとも関係なく、
出したい人が出すもので、
そこはRFCと同じ。
だから、100何番まで増えてきている。
でも、そのうち実装されているのは
30ぐらいだと思う。

仕様書番号のナンバリングも、
ビットコインの関係者の一個人が
担当しているようですね。

ビットコインといえども
オープンソースなので
自由に実装していいわけです。
「わたしは124番実装しました」
「はい」
みたいな。
みな勝手にブランチをきって
使っている状態なんだけれど、
(GitHubレポジトリの)マスターに入れるには
コア開発者が動かないといけない、
というような感じで。

>>つづきます

2016.05.16 第1回 ビットコインの躍進を生んだ一つのアイデアと無数の開発者の行動力 2016.05.16 第2回 ビットコインのオープンソースソフトウェアは機能がプアー?? 2016.05.23 第3回 ビットコイン、本当に理解してますか?誰が仕様を決めている? 2016.05.23 第4回 進化を続けるビットコインのセキュリティとスケーラビリティ。 2016.05.23 最終回 ソフトウェアも通貨もプログラマーが主役。
ホーム
ページTOPへ戻る