プロフィール

株式会社bitFlyer 取締役CTO 小宮山峰史

1971年生まれ。早稲田理工学部卒業後大学、1995年株式会社コナミ入社。
ソニー・コンピュータエンタテインメントを経てゴールドマン・サックス証券に入社し、
決済システムを構築する。
タイムインターメディアCTO就任後、数十の業務システムの設計を手がける。
金融、クラウド技術、暗号技術、ミッションクリティカルなシステムを得意としている。
ビットコインの将来性に惹かれ2014年1月株式会社bitFlyerを共同設立。
ビットコイン総合プラットフォーム「bitFlyer」開発の根幹を担う。
好きな言語は数学、Haskell。得意な言語はC#、母国語Perl。

2016.05.16 第1回 ビットコインの躍進を生んだ一つのアイデアと無数の開発者の行動力 2016.05.16 第2回 ビットコインのオープンソースソフトウェアは機能がプアー?? 2016.05.23 第3回 ビットコイン、本当に理解してますか?誰が仕様を決めている? 2016.05.23 第4回 進化を続けるビットコインのセキュリティとスケーラビリティ。 2016.05.23 最終回 ソフトウェアも通貨もプログラマーが主役。

進化を続けるビットコインのセキュリティとスケーラビリティ。

bitFlyer取締役CTO 小宮山峰史 ブティックコンサル H社長 Numzon運営 岩野 Numzon運営 千秋

第4回 進化を続けるビットコインのセキュリティと
スケーラビリティ。

話は少し戻るのですが、
ストレステストで
ネットワーク全体が重くなってしまう
という話がありました。
そういう愉快犯ではないですが
スパム的、アタック的なものを
正当な手続きによって排除す仕組みは
ビットコインに備わっているのでしょうか?

まあ、ストレステストの場合は
もちろん愉快犯ではなくて
フォーラム(開発者らが集うある種の公式掲示板)のなかで
そういう議論が湧き上がって
いちおう公式に認められてやっている場合がある。

そうなんですか!

だからアタックとかではなく
ストレステストと呼ばれている。
まあ、なかにはいるかもしれませんが
今のところ明らかな愉快犯は
いないような気がします。
本当のところはわかりませんが。(笑)

一方で、処理能力をアップさせるために
新しいシステムへの切り替えが
取り沙汰されているとききます。
ビットコインXTと呼ばれているものですが。
切り替えはいつごろになりそうですか?

それはまだわからない。
切り替えるかどうかを決めるのは
結局マイナーの人たちなんです。
現在まともにマイニングしている人(サイト)は
多くて20人ぐらいしかいない。
ノードの数は実際にはもっとあると思いますが、
この20人ぐらいがどうするかに
結局のところかかっていて、
20人がXTに切り替えるって言えば
残りのビットコイン使用者がすべて反対したとしても
切り替えられてしまうのです。

それは、この話(下のパイチャートを見せながら)、
ですね。
51%問題とも呼ばれる・・・

そうそう。これです。
だから、そこの議論は
われわれには関係がないというか
いや、議論に口をだすことはできるけれども。
口は出せるが決定権はないというか。(笑)

マイナーの人たちのシェア率ですが、
ほんとうに極端にかたよって、
51%問題が起こりえる局面は
過去にもあったのでしょうか ?

あったあった。
20サイトぐらいが
判断すればよいのだから、
そうなるでしょ。

20サイトぐらいが手を組んで?

手を組んでというよりは
1つのサイト(会社)が
どんどんパワー(計算能力)を
上げていったときがあって、
そのときは、やばいやばいといって
パワーダウンしたみたい。(笑)

え!

マイナーがつかうマシンは
特別なハード構成なわけです。
ASICと呼ばれる専用チップを山程積んだマシンを
それこそ何百台とか並べて。
設置場所もどこか工場のようなところで、
送風機でぶわーっと冷やして・・・
そんなことをしたら
途端にパーセンテージ(シェア)が
急上昇するわけです。

すごい光景ですね。

だから、常に50%以下になるように
抑えることのほうが、難しいですよね。
意識し続けない限り。

はい。(笑)
bitFlyerさんでは
マイニングはされていない?

マイニングはやっていません。
このオフィスでやっても無駄ですし。

儲かりませんか?

どうせ当たりませんから。
普通のPCでマイニングに精を出しても
当たる確率は1兆分の1のオーダーになってますから。

まさに、天文学的確率。(笑)

さっき話にでたbitcoindは、
デフォルトの設定のままだと
勝手にマイニングするようになっているから、
どこかに設定変更されていないノードがあれば
勝手にマイニングしているはず。
でも、どうせ当たらない。(笑)

>>つづきます

2016.05.16 第1回 ビットコインの躍進を生んだ一つのアイデアと無数の開発者の行動力 2016.05.16 第2回 ビットコインのオープンソースソフトウェアは機能がプアー?? 2016.05.23 第3回 ビットコイン、本当に理解してますか?誰が仕様を決めている? 2016.05.23 第4回 進化を続けるビットコインのセキュリティとスケーラビリティ。 2016.05.23 最終回 ソフトウェアも通貨もプログラマーが主役。
ホーム
ページTOPへ戻る