プロフィール

株式会社bitFlyer 取締役CTO 小宮山峰史

1971年生まれ。早稲田理工学部卒業後大学、1995年株式会社コナミ入社。
ソニー・コンピュータエンタテインメントを経てゴールドマン・サックス証券に入社し、
決済システムを構築する。
タイムインターメディアCTO就任後、数十の業務システムの設計を手がける。
金融、クラウド技術、暗号技術、ミッションクリティカルなシステムを得意としている。
ビットコインの将来性に惹かれ2014年1月株式会社bitFlyerを共同設立。
ビットコイン総合プラットフォーム「bitFlyer」開発の根幹を担う。
好きな言語は数学、Haskell。得意な言語はC#、母国語Perl。

2016.05.16 第1回 ビットコインの躍進を生んだ一つのアイデアと無数の開発者の行動力 2016.05.16 第2回 ビットコインのオープンソースソフトウェアは機能がプアー?? 2016.05.23 第3回 ビットコイン、本当に理解してますか?誰が仕様を決めている? 2016.05.23 第4回 進化を続けるビットコインのセキュリティとスケーラビリティ。 2016.05.23 最終回 ソフトウェアも通貨もプログラマーが主役。

ソフトウェアも通貨もプログラマーが主役。

bitFlyer取締役CTO 小宮山峰史 ブティックコンサル H社長 Numzon運営 岩野 Numzon運営 千秋

最終回 ソフトウェアも通貨もプログラマーが主役。

小宮山さんが開発されたノードのソフトは、
ビットコインにフォーカスしたものに
なっているということですが、
ほかにも用途はあるのでしょうか?

我々の開発目的は
もちろんビットコインでビジネスを展開すること。
けれども、技術としてとらえると
重要な要素技術の一つを開発したわけです。
だから、様々なビジネスの背景にある
技術の進化については、
我々自身、相当理解が進んでいます。

すると、つぎの展開はあるのでしょうか?

chainFlyer(チェーンフライヤー)は、
(下の画面を見せながら)もうみましたか?

いえ、まだです。

ブロックチェーンのエクスプローラーとか
ビジュアライザーと呼んでいるんだけれど
ビットコイン取引の可視化ツールなんですが、
これは我々が開発して提供しているものです。

チャリーン、チャリーンと音がしますね、
取引が発生するたびに、つぎつぎと。(笑)

(笑)
普通は、ブロックチェーンの中身を見たいときは
Blockchain.info(ブロックチェーンインフォ)などを
見に行っていると思うんだけれど、
それと機能としては同じものを、
われわれのテイストで作ったものです。
そして、これと同じものは、
bitcoind単体では作れないです。

といいますと?

理由は、さっきも言ったように、
プアすぎるので。
chainFlyerには
われわれの技術が使われていて
ブロックチェーンの中身を
全部表示しているんですけど、
しかも高速にです。

見た目もさることながら
中身もすごいんですね。

ところで、小宮山さんは
いまの会社をはじめるまえに
ビットコインやブロックチェーンについて
注目はされていたんですか?

会社をはじめてからですね。
それまでは知らなかった。
ビットコインってなに?おいしいの?なんて。(笑)

ほんとうに、そんな押っ取り刀で
ビットコインの世界に
入ってこられたんですか?

まあ、あの、社長(同社CEO)に言われて
今がチャンスだから作ろうということになって、
作り始めてから技術や仕組みについて勉強しました。

お一人で、ですか?

社長も技術者なのでわたしと二人ですね。
ビットコインは全部の情報が公開されているし、
bitcoindという実例もある。
逆に、勉強も大事ですが、
「ほんとうのところ」は
運用してみないとわからないと思ってる。
机上の空論だけだと難しいんじゃないかな。

いやー、
事前にいろんな情報詰め込んできたんですが、
ほんとうに奥が深い世界だと感じました。
ちなみに、ビットコインについて
小宮山さんのなかでは
不確定要素というものはない、
100%わかった状態?

100%なんて言い切るような人は逆にわかっていないような気がするが・・・
もちろん。十分に理解していると思っています
そうでないと運用できない。(笑)

技術者として、穴はないと?

少なくとも
Zopeに関して理解しているというのと
同じレベルでは理解しています。(笑)
(編注:小宮山氏はZope/Pythonのエキスパート)

技術的な奥行きは
Zopeとビットコイン
どちらが上だと感じましたか?

ZopeはWebサーバーで、ObjectDBでもある
Smalltalkみたいな感じもありつつ・・・で
でも所詮Webサーバー
技術的な奥行きはあるのですが狭いですね。
ビットコインは技術的な奥行きというか
未踏のジャングルですね。
思いもつかない道が開けて知らない土地に出る
まあ技術だけ見ればZopeのほうがよくできてるかな?

ビットコイン以上!
落ちまでつけていただいて
ありがとうございます!(笑)

ここ、書かなくていいから。(笑)

そろそろ時間のほうが。(笑)
最後に「Numzon Life」の読者に
小宮山さんからメッセージを・・・

あの、いまブロックチェーンという言葉が
バズっていると思うんです。
まあ、ビットコインに興味を持つのはわかるんです
具体的ですし、徐々に普及してますし。
でも、全く知識のない会社とかが
ブロックチェーン何ですか?ってきいてくる。
我々としては、なんでいきなりそこに興味を!
って感じはしていて・・・

はい。(笑)

なんかこう
全体を見たうえで
「葉っぱはどうなってるんですか」
みたいな議論ではなくて
いきなり葉っぱから入ってきて
「ここがギザギザになっている部分の角度が」
みたいな、議論になっている。
いやいや、
「まず木の高さとかみようよ」
みたいな。
そういうところなしに、
すごい枝葉のことを話している気がする。
その点については、
我々(bitFlyerさん)は、
きちんとした理解があるというか、
先行しているとは思っています。

今後のテーマとして
どのようなものをお考えですか?

bitFlyerは
「ビットコインをすべての人に届ける」
「ブロックチェーンで世界を簡単に」
の2つを、最初、会社の社是にしたんです。
ブロックチェーンを使って
ありとあらゆる技術コストを削減・・・
それは技術チャレンジというよりも
ビジネス目標のような感じだけれど
それは必ず実現できると思っています。

ブロックチェーンをつかって
2020年までに
コストを10分の1に圧縮します!
のような宣言を目にしますが、
小宮山さんは、どのように、
10分の1」を実現しますか?

まあ、いきなり10分の1になるのではなく
10%ずつ100回改善していくのではないかな?(笑)
ブロックチェーン研究所というブランドもあるので、
chainFlyerやファイルライターなど、
広く世の中に出していくつもりです。
まあ、そうね、将来に向けて・・・
いま何やっているかとかは話せない。(笑)

はい、小宮山さんをはじめ
bitFlyerの技術者のみなさんのご活躍
心から楽しみにしています!
本日は本当にありがとうございました!!

とりあえず、
きょうは(H社長・千秋と)なつかしくて。(笑)

第一部・完

P.S.
ぶじ取材を終えエレベーターへ向かう途中
H社長と小宮山さんの会話の内容に
最も衝撃を受けたのですが、
それはまた別の機会に・・・
岩野(記)

2016.05.16 第1回 ビットコインの躍進を生んだ一つのアイデアと無数の開発者の行動力 2016.05.16 第2回 ビットコインのオープンソースソフトウェアは機能がプアー?? 2016.05.23 第3回 ビットコイン、本当に理解してますか?誰が仕様を決めている? 2016.05.23 第4回 進化を続けるビットコインのセキュリティとスケーラビリティ。 2016.05.23 最終回 ソフトウェアも通貨もプログラマーが主役。
ホーム
ページTOPへ戻る